「小金井市での適地探しは非常に困難」

稲葉市長が国分寺市長に表明

可燃ごみ処理施設建設問題  (3月17日号)

 

 小金井市の稲葉孝彦市長は3月14日の市議会「ごみ処理施設建設等調査特別委員会」で、国分寺市の星野信夫市長に対して「二枚橋焼却場跡地で国分寺市との共同処理を行う施設建設は極めて難しくなった」と直接伝えたことを明らかにした。星野市長からは引き続き適地を探してほしいと求められたが、稲葉市長は「非常に困難である」と応じたという。この日の特別委員会でも、同じ考えを示した。二枚橋焼却場跡地での建設が困難になったことに加え、市内での候補地を検討しない考えを表明したことで、今後は他の自治体でつくる一部事務組合への加入といった新しい選択肢の実現を本格的に目指すものとみられる。

 

二枚橋の焼却場跡地(広さ約11000平方メートル)は、可燃ごみを共同処理していた小金井市、調布市、府中市が三分の一ずつ土地を所有している。稲葉市長は国分寺市と可燃ごみの共同処理施設を建設するため、跡地全体を確保する考えだった。

しかし、調布市の長友貴樹市長は2月24日、稲葉市長と会談し、調布市の市有地分について、古紙や缶などを選別しているクリーンセンターの機能を移転する方針を伝えた。

 

■「他の適地探しは困難」と稲葉市長

稲葉市長は特別委員会で、こうした経過を報告。さらに3月7日に星野市長を訪ね、調布市の方針を踏まえて国分寺市との共同処理施設の建設が難しくなったことを伝えたという。稲葉市長によれば、星野市長は「国分寺市は二枚橋にこだわっていない。引き続き他の適地を探してほしい。両市とも良い方向に行くように協議を重ねてまいりましょう」と発言。「他の適地を探してほしい」という要請に対し、稲葉市長は「非常に困難」と応じたが、星野市長は「引き続き他の適地を探してほしい」と重ねて求め、平行線に終わったという。

この問題で、三上順本・ごみ処理施設担当部長は特別委員会で「(新焼却施設建設場所選定等)市民検討委員会で約1年3カ月、のべ160時間を超える審議の中で、公有地はもちろんのこと、民間の事業地、生産緑地等も含め百数十か所の場所を抽出して検討した。その経緯を考えると今、改めて市内で他の場所を探し、確保するのは極めて困難であると認識している」と述べ、新しい場所を検討する考えのないことを強調した。

 

■国分寺市側に「謝罪」へ

小金井市と国分寺市が可燃ごみを新焼却場で共同処理する構想は稲葉市長が2004年5月に国分寺市に申し入れたもの。その際に、新焼却場の建設場所については「二枚橋焼却場の跡地を含め、小金井市が責任を持って確保する」と約束していた。

 

稲葉市長はこの日の答弁で「国分寺市さんとの対応は丁寧に進めていく必要があるし、私自身が約束を履行できなかったことは謙虚に認め、そして謝罪をしていかなければならないと考えている」と述べ、国分寺市側に市長として謝罪をする意向を示した。

稲葉市長は「早期に整理して国分寺市と話し合いながら、国分寺市に伝えていくことになる。これを長引かせることは国分寺市さんにとっても迷惑なるだろうと思う」とも述べ、一定の協議を経たうえで、小金井市としての最終結論を正式に国分寺市に伝える考えを示した。  

 

また、「今後、国分寺市さんにどうできるか、私自身がどうできるかを含めて考えていくことになるだろう。星野市長さんも『両市が良い方向に進むように努力しよう』と言われているので、私のできる範囲、小金井市のできる範囲で協力させて頂ければと考えている」と述べた。

 

 

 11月8日(日)

  第73号の主な内容

(随時更新されます)

《市政の焦点》

■12月小金井市長選特集

☆白井とおる市議が立候補表明(2015年11月8日更新)

 

☆白井市議の立候補記者会見に40人以上の市民が参加(2015年11月8日更新)

 

☆4陣営の対決構図に 財政健全化への具体策が焦点(2015年11月8日更新)

 

≪酒好きのたわごと≫

その15 越後の酒と謙信(2015年10月17日更新)

  うれしいニュース!

 公益社団法人「全国学校図書館協議会」が発行している「としょかん通信」(中・高校生版)2015年6月号の《今月のブックトーク》に『まちの力 ひとの力 ――変える 試みる 小金井の人たち』がとりあげられました。

 1人でも多くの中学生、高校生にこの本を読んでもらえたら、と思います。感想文も送ってもらえると、とってもうれしいですね。

 以下にその部分を貼り付けました。筆者は、ほそえさちよさんという子どもの本の編集者だそうです。タイトルは、「生きるために つながる」。

写真をクリックすると大きくなります
写真をクリックすると大きくなります
全体はこちらから
としょかん通信「今月のブックトーク」.pdf
PDFファイル 5.3 MB

こがねいコンパスのインタビューシリーズ《変える 試みる 小金井の人たち》をまとめた本『まちの力 ひとの力』が図書出版クレインから刊行されています。ウェブ版では読めない、取材秘話などを明かす4本の「エピローグ」と、やまさき薫さんの素敵なイラスト付き。定価1500円+税です。市内の各書店でお買い求めください。クレインでも注文できます。

毎月第1・第3土曜日が定期発刊日です。こがねいコンパスは市民のための羅針盤を目指し、市民とともにつくる地域メディアです。ご意見・ご感想・情報提供などを、koganeicompass@gmail.comへおねがいします。

詳しくはイベントカレンダーのページをご覧ください。こちらから。

詳しくはイベントカレンダーのページをご覧ください。こちらから

小金井市のイベント情報は、小金井市地域情報サイトのさきナビでも見ることができます。バナーをクリックしてください。

 この人に聞く

脱原発社会への道筋を探る

民間の英知を結集して「脱原子力政策大綱」をまとめる「原子力市民委員会」の舩橋晴俊座長。

前編はこちらから。

後編はこちらから。

*船橋晴俊さんは2014年8月15日、くも膜下出血で急逝されました。ご冥福をお祈りするとともに、船橋さんの思いを少しでも多くの方に知って頂きたいと願っています。(編集長・佐藤和雄)

 

「敗北」を語る

民主党小金井支部幹事長

村山秀貴さん

前編はこちら

後編はこちら

 

イラクから問い続けてきたもの

映画監督・鎌仲ひとみさん

こちらから

メルマガ登録をどうぞ!

「こがねいコンパス」からのメルマガをご希望の方は以下にメールアドレスをご入力ください。新しい「市政フラッシュ」の掲載や、次号の主な内容などについてご連絡します。

コンパスは「羅針盤」です!

 

 『こがねいコンパス』は、小金井市政や小金井の人たちが関心をもつテーマを分かりやすくお伝えするインターネット新聞です。市民団体「こがねいコンパス編集部」が発刊しています。

 

 『コンパス』は、羅針盤を意味します。辞書によれば原義は「ともに歩くこと」です。市民が市政をより深く理解するための一助となり、よりよい小金井市政のあり方を考えるときの羅針盤でありたい。市民のみなさんと一緒に歩んでいきたい。そんな思いを込めています。

 

 

 ご連絡は koganeicompass@gmail.com まで。