ふわ~り その24

坂の探検の帰り際、ある方からもらったのが「ほっと一息 寄り道マップ こがねい立ち寄り処案内1」でした。地域福祉ファシリテーター養成講座3期修了生がつくった「チーム小金井の縁がわ」の制作。地域の居場所づくりに取り組んでいるそうです。今回のマップでは、市内の北西エリアで気軽に立ち寄れそうな17のお店や施設が紹介されています。地域を良く知った方ならではの小さなマップ。温かな気持ちが伝わってきます。

前原町 happy!

2013/6/27

ふわ~り その23 グリーンハウス

農工大通りで長らく市民に親しまれてきた東都生協の店・「グリーンハウス」。今、閉店になるかどうかの瀬戸際に立たされています。
3.11以降、利用の落ち込みが激しく、赤字が続いているとか。店頭のボードには、利用者である組合員たちからの「やめないで!」のメッセー
ジがびっしり。理事会あてに閉店決議の凍結を求める署名も行われています。

中町 PIYO☆

2013/6/11

ふわ~り その22  ドッグカフェ

小金井にもドッグカフェがあるってご存じでしたか?「どっぐはうすWAN TIME」は南口から徒歩5分、カフェ「自然館」のすぐそばにあります。店内に入るとスタッフ犬(?)5匹が柵の中で元気に尻尾を振って迎えてくれました。丸いお目々の可憐なチワワのチャイちゃんをだっこして、娘は大喜び。また行きたい!
中町 PIYO☆

2013/5/25

ふわ~り その21

虹だよ!

立春の午後の青空に、虹が大きな弧を描いた。小金井のあちらから、こちらへ。虹の足元にいる人には、虹はどんな風に見えるんだろう・・・。しばし、7色のアーチを見てぼんやりしたのでした。

 karu☆ 前原町2丁目

2013/2/4

 

ふわ~り その20

先日、マダム世代の女性だけの小さな新年会に出ました。友人が会場に選んでくれたのは、東小金井の南口商店街にある「ハーツカフェ」。ここは近くにある骨董品店がやっている店なので、ローストビーフや和食が、江戸時代の伊万里焼などアンティークのうつわに盛られて出てきます。インテリアにも建具など和のものが上品に使われていて、ひととき「女の正月」気分を満喫しました。
中町 PIYO☆

2013/1/19

 

ふわ~り その19
農工大通りの美容室「カロン」でトリートメントを買ったら、お店の方が作られたらしい新聞紙を再利用した袋に入れてくれました。丁寧に二重に折ってのり付けされています。このまま捨てたらバチが当たりそうw 私も誰かに何か入れてあげようっと。
中町 PIYO☆

2013/1/12

ふわ~り その18

武蔵小金井駅横の旧本町踏切のあたりに、今年もしめ縄を売る店のテントが立っています。売り子はハッピ姿、店先には提灯も飾るという昔ながらの商い方がうれしいですね。正月を迎える気持ちは、こんな街角の景色からもふくらみます。
中町 PIYO☆

2012/12/29 sat

ふわ~り その17

武蔵小金井駅南口方面の住宅街の中にある喫茶店・自然館。ここ、最近は持ち帰り用のお菓子の品揃えが充実してるって知ってました? 卵、乳製品、白砂糖を使わない手作りの焼き菓子は、これからの季節のミニギフトにもぴったり。写真の「にんじんマフィン」には、ラムレーズンやココナッツが入って食べ応えもバッチリです。
中町 PIYO☆

2012/12/1 sat

 

ふわ~り その16

駅の階段に貼られたポスターで見つけた「さくらこ」。昨年、武蔵小金井駅のイメージキャラクターとして登場した“桜の妖精”です。それにしては金髪にハデハデ衣装で中途半端な雰囲気。東小金井駅のネコムッチ(すでに引退)の方が好きだな~、なんて思っていたのですが、今回のポスターでは、いつもより可愛く見えて目が止まりました。こうしてなじみになっていくんですかねぇ。
中町 PIYO☆

2012/11/20 tue

 

ふわ~り その15

思わぬケガをしたため、なじみの生協の関連団体が運営している「はぁとぽっと」に、ときどきお昼の弁当を宅配してもらっています。見た目はちょっと地味だけど、魚も肉も素材の良さが感じられるし、化学調味料や添加物を使わないためか後味がいいところがgood!  漬け物もおいしいんですよ。栄養つけて早く良くなるぞ~!

中町 suzume♪

2012/11/6 tue

 

ふわ~り その14

東八道路を南へ超えた前原5丁目の丸田ストアー内にある「spoonful」という小さなお店。毎月第1日曜日に開かれている”はけのおいしい朝市”にも出店されていて、良くお弁当を買っています。ヘルシーなお料理が多く、私のお気に入りは野菜を多く使ったアジア風のお弁当。ジャンクフードに慣れた胃にはとても優しく感じるのです。スコーンやマフィンなどお菓子も美味しいですよ。

本町1丁目 上見亮太

2012/11/2 fri

 

ふわ~り その13

今、農工大通りの和菓子屋さん「ならは」には、栗を使ったお菓子がいっぱい。迷った末、今回は渋皮栗饅頭、栗きんとん、栗蒸しきんつばの3つをチョイスしましたが、まだまだありましたよ! 甘さ控えめなところも私好みでした。

中町 PIYO☆

2012/10/25 thu

 

ふわ~り その12

連雀通り沿い、民家の玄関先に唐突に現れる小屋! 昨年6月にオープンした「ラトリエ・ドゥ・カンデル・トウキョウ」というパン屋さんです。フランスで修行した女性が、お祖母さんちの軒先に自らの手で小屋を建てて始めたお店だそう。フランス産の天然酵母を使うなど本格的。多摩科学技術高校の向かい、月水金の営業です。

緑町 あわぢ☆

2012/10/16 tue

 

ふわ~り その11

いつもは静かな小金井神社。今日は「こども縁日」で人が一杯です。お店を出しているのは、主に「子ども会」。秋空の下、子どもたちの楽しそうな声が響きわたりました。

中町 バビ☆

2012/10/13 sat

 

ふわ~り その10

お昼を食べに法政大学前の「サクラキッチン」へ。前から気になってた店。鶏のチャーシュー丼は肉の柔らかさと特製ダレがGood!ランチは小鉢を2つ選べ、ご飯は少なめが基本で「多め」も注文できる。このちょっとした気遣いは女性に好まれそう。キッズプレートもあり店内は白基調で落ち着く。お、夜もやってるやってる。

東町 パンダ☆

2012/10/10 wed

ふわ~り その9三連休の最後の日、イトーヨーカドー前で小島よしおの「ごぼうの歌」を大群衆とともに聞いた後は、「『小金井が好きだ。』CM&ポスター写真コンテスト」へ。美しい写真がいくつもありました。何と知り合いの人が2人も入賞したではないですか。びっくり!(本人もびっくりしていた)

前原町 ぴ~や☆

2012/10/8 mon

ふわ~り その8

小金井街道の坂を下りたあたりにあるラーメン屋さん。その名も「坂之下」。半地下のスナックの隣にひっそりと佇むこのお店には、餃子もなければビールもなく、どんぶりも必要最小限(?)の数しかありません。メニューは鶏白湯(こってり・あっさりの2種)ラーメンと、つけ麺だけ。週に1回は行っています。この店がなくなると私の人生の楽しみは半分失われたと言っても過言ではないでしょう。

本町1丁目 上見亮太

2012/10/4 thu

ふわ~り その7

しばらく前に、飲み屋さんの建ち並ぶ通りを昼間歩いていたら、道端に年季の入ったロバのぬいぐるみを見つけた。捨ててあるのかと思いきや、柵に紐でつながれ、背中の鞍には持主らしき名前も。どうやらこれは、持主が道行く人にわざわざ見せてくれているらしい。シュールだけど何だか微笑ましい景色でした。

中町 piyo☆

2012/10/1  mon 

ふわ~り その6

むさこ北口から小金井街道を北へ。しばらく行くと左手にあるお店で売っているおせんべいがこれ。「食ってみでけろ」。山形弁で「食べてみてください」という意味です。歯ごたえサクサクに、カレー味あり、こしょう味ありとバリエーションも豊富。1袋105円の値段もうれしい。難点は、お店が外見からはおせんべいを売っているとはなかなか分からないこと。「えっこんな所で!」と驚くでしょう。

前原町 happy☆

2012・9・18 tue

 

 

ふわ~り その5

先日、初めて行った東小金井のラーメン屋さん「平右衛門」。和食出身だという店主さんが作る「冷やしラーメン・塩」は、千切りのミョウガやすりゴマの風味がよく効き、細麺の喉ごしも涼やか。女性好みの一杯でした。今度はデザートも食べてみようっと。

 中町 PIYO☆

2012/9/15 sat

ふわ~り その4

滄浪泉園の西隣にある小金井市の環境配慮住宅型研修施設(ややこしい名前ですね。9月28日まで愛称募集中です)。その中にある「雨風カフェ」でランチを食べました。メインメニューは日替わりで、本日は「鶏と野菜のかもし丼」。スープのほか、デザートに「酒粕のブラマンジェ」、マンゴーティがついて990円。玄米に夏野菜たっぷりの「かもし丼」は、塩麹、味噌、もろみを使ったソースがかかり、コクがあって、優しいお味。

前原町 happy☆

2012・9・13 thu

ふわ~り その3

東小金井の上りホームにあって、武蔵小金井の上りホームにないものはなーんだ? はい、これ、待合室です。ムサコの上り線の朝の混雑ぶりに、そんなものがあったら邪魔だとJRが判断したのかしら。でもまだ残暑が厳しい日には、ムサコにもこれがあったらな~、なんてつい思っちゃいます。
中町   PIYO☆

2012・9・7 fri

ふわ~り その2

中町のdogdecoその他の会場で、毎月第一日曜日に開催される「はけのおいしい朝市」。可愛い雑貨やおいしい食べ物がたくさんあって、いつも楽しみなんですが、今回はこんな花束を買ってみました。

「この植物は、水を花に吹きかけると長持ちしますよ」とお店の人。生花を買ったのって久しぶりだな。リビングに南国の雰囲気が漂いました。

 中町 PIYO☆

 2012・9・2 sun

ふわ~り その1

黄金や(東小金井駅前)の「小松菜の焼きサンドイッチ」は、小松菜好きの人にはぜひ一度食べて欲しいメニュー。ソテーした小松菜とチーズが胚芽パンに挟んであります。今度家でも真似してみようかな。

 中町 PIYO☆

2012・9・1 sat

 

 

 11月8日(日)

  第73号の主な内容

(随時更新されます)

《市政の焦点》

■12月小金井市長選特集

☆白井とおる市議が立候補表明(2015年11月8日更新)

 

☆白井市議の立候補記者会見に40人以上の市民が参加(2015年11月8日更新)

 

☆4陣営の対決構図に 財政健全化への具体策が焦点(2015年11月8日更新)

 

≪酒好きのたわごと≫

その15 越後の酒と謙信(2015年10月17日更新)

  うれしいニュース!

 公益社団法人「全国学校図書館協議会」が発行している「としょかん通信」(中・高校生版)2015年6月号の《今月のブックトーク》に『まちの力 ひとの力 ――変える 試みる 小金井の人たち』がとりあげられました。

 1人でも多くの中学生、高校生にこの本を読んでもらえたら、と思います。感想文も送ってもらえると、とってもうれしいですね。

 以下にその部分を貼り付けました。筆者は、ほそえさちよさんという子どもの本の編集者だそうです。タイトルは、「生きるために つながる」。

写真をクリックすると大きくなります
写真をクリックすると大きくなります
全体はこちらから
としょかん通信「今月のブックトーク」.pdf
PDFファイル 5.3 MB

こがねいコンパスのインタビューシリーズ《変える 試みる 小金井の人たち》をまとめた本『まちの力 ひとの力』が図書出版クレインから刊行されています。ウェブ版では読めない、取材秘話などを明かす4本の「エピローグ」と、やまさき薫さんの素敵なイラスト付き。定価1500円+税です。市内の各書店でお買い求めください。クレインでも注文できます。

毎月第1・第3土曜日が定期発刊日です。こがねいコンパスは市民のための羅針盤を目指し、市民とともにつくる地域メディアです。ご意見・ご感想・情報提供などを、koganeicompass@gmail.comへおねがいします。

詳しくはイベントカレンダーのページをご覧ください。こちらから。

詳しくはイベントカレンダーのページをご覧ください。こちらから

小金井市のイベント情報は、小金井市地域情報サイトのさきナビでも見ることができます。バナーをクリックしてください。

 この人に聞く

脱原発社会への道筋を探る

民間の英知を結集して「脱原子力政策大綱」をまとめる「原子力市民委員会」の舩橋晴俊座長。

前編はこちらから。

後編はこちらから。

*船橋晴俊さんは2014年8月15日、くも膜下出血で急逝されました。ご冥福をお祈りするとともに、船橋さんの思いを少しでも多くの方に知って頂きたいと願っています。(編集長・佐藤和雄)

 

「敗北」を語る

民主党小金井支部幹事長

村山秀貴さん

前編はこちら

後編はこちら

 

イラクから問い続けてきたもの

映画監督・鎌仲ひとみさん

こちらから

メルマガ登録をどうぞ!

「こがねいコンパス」からのメルマガをご希望の方は以下にメールアドレスをご入力ください。新しい「市政フラッシュ」の掲載や、次号の主な内容などについてご連絡します。

コンパスは「羅針盤」です!

 

 『こがねいコンパス』は、小金井市政や小金井の人たちが関心をもつテーマを分かりやすくお伝えするインターネット新聞です。市民団体「こがねいコンパス編集部」が発刊しています。

 

 『コンパス』は、羅針盤を意味します。辞書によれば原義は「ともに歩くこと」です。市民が市政をより深く理解するための一助となり、よりよい小金井市政のあり方を考えるときの羅針盤でありたい。市民のみなさんと一緒に歩んでいきたい。そんな思いを込めています。

 

 

 ご連絡は koganeicompass@gmail.com まで。